LP(ランディングページ)は第三者の目でわかりやすく作成がコツ

以前作成したご案内のLP(ランディングページ)がいまいちわかりにくいような気がする。

もっとわかりやすく作り変えたい。

そんなご依頼をいただきました。

作成させていただいたのは、日本四季大学校様の「四季薬膳認定講師養成講座」のLPです。

 

わかりにくい原因①文字が多い

さて・・・・わかりにくい原因はなんなんだろう???

とそのLPを眺めてみました。

そんな時は私は「第三者の目」で。

しかも「お申込みしたい!」という前提の想いを持って眺めます。

 

確かに‥‥いまいちわかりにくい。

 

一つ一つ理解するのに、文章をしっかり読み、理解していかなければいけない。

それがだんだん疲れてきてしまう。

 

例えば・・・・

 

 

こんな文章がありました。

なんとなく、言いたいことはわかる。

でも、もっとわかりやすく伝えるためには・・・・「図にした方がよさそう!」

ということで作成させていただいた図がこちら。

ただ、文字のられつより、わかりやすくないですか???

 

この図、今回のこのご依頼で一番喜んで頂けた図です。

イラスト、写真、文字から視覚的にもわかりやすいので、直感的に理解できるんですよね。

それが、「図」や「イラスト」の効果です。

 

わかりにくい原因②人の気配がなかった

図や、イラストを足す以外に、お写真も少し増やす作業をさせていただきました。

「人の気配」を追加させていただいたんです。

 

意外と、ご案内となると、

・どんなことをするのか

・開催に対する想いはどうなのか

・いつどこで開催するのか

 

そんなことがメインになりがちなんですが、

実は、お申込みする立場とすると、1番みたいところは・・・・

「今までの受講者さんの様子はどうだったの??」

という人の様子。

 

なので、講座の様子や、お客様のお声、認定講師さんのお写真を追加させていただきました。

 

必要なのは第三者の目

意外と、自分のことは自分ではよくわからないんです。

 

というのも、講座の内容も、専門用語も全部理解できているから。

お客様にとってはわからないことが、自分ではわからないです。

 

だからこそ、必要なのが「第三者の目」だったりします。

ご案内のLP(ランディングぺージ)を作っているけれどいまいちお申込みに繋がらない。

そんな方は、是非一度ご相談ください。

 

リニューアルするということもひつようになってくるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。